Interview with Emplpyees従業員インタビュー

縁の下の力持ち

  • Facebook
  • Twitter

長野

2021.06.30

仲間

縁の下の力持ち

東京で社会人としてのスタートを切った私は、家族の事情もあり1年で佐久に戻ってきました。

東京では介護の仕事をしていました。利用者さんが亡くなってしまう場面に出会うこともあり、葬儀の仕事をする人たちに触れる機会がありました。そんなご縁もあり、佐久に戻り、家の近くでもあるみつわでお世話になることを決めました。

入社一年目はアシスタントディレクターとして、ご葬儀に関する準備を後方支援する役回りです。先輩たちを裏側で助ける仕事をして、社内から頂く多くの「ありがとう」はとてもうれしいものでした。

仕事に慣れてくると、サブではなくメインのディレクターとして、お客様との接点を持つ立場になりました。今後はその「ありがとう」がお客様から頂けるものに変わりました。もちろん、うれしかったのは言うまでもありません。

ただ、同時に感じたことはこの「ありがとう」は自分が代表してもらっているものに過ぎないんだと。後ろで動いてくれるメンバーがいて、自分がお客様対応に集中できている。みんなの支えをより感じ、仲間に対する感謝の気持ちはより一層強いものとなりました。

今でも思い出すのが、ディレクターとして初めて担当したみつわホールでの一般葬。見様見真似で何とかやってみたものの、先輩だけではなく、ご家族、ご近所の皆様、本当に多くの方に助けられ式を終えることができました。

本当に自分は色んな人に支えてもらっているんだな

今ディレクターとして前線に立ち、これから入ってくる後輩にも教えていく立場になります。ただ、本音を言えばアシスタントディレクターのポジションにもう一度戻りたい。前線に立つ側になってみたことで、必要な知識を得たり、ディレクターとして困る場所がわかるようになりました。そんな今だからこそかゆいところに手が届くフォローができるんじゃないかと思っています。

「ありがとう」をもらうみんなを支える側へ

最強の縁の下の力持ちを目指したいですね

株式会社みつわ 新津 昌矢

お問い合わせはこちら(求職者様)

CONTACT お問い合わせ

Mission Company Story~エンディングビジネス~は、
葬祭業界(エンディング業界)特化型の経営者インタビュー・転職ブラットフォーム。
エンディング企業の経営者の「想い」と、その「想い」に共感する人と出会えます。
また、葬祭業界(エンディング業界)のさらなる発展のための情報を発信しています。