Interview with Emplpyees従業員インタビュー

友がいたからある自分

  • Facebook
  • Twitter

長野

2021.06.30

仲間

友がいたからある自分

ディレクターとしてお客様のサポートをするだけではなく、居心地がいい空間づくりや掲示物の工夫、店舗の管理など、店長として今働いている自分を、入社した1年前には想像もしていませんでした。

みつわに入社することになったのは、2019年4月のこと。大学を卒業して新卒1期生として入社しました。大学の友人の中で葬儀社に就職したのはおそらく私だけです。ですが、私はこの業界に入ることを3年生の時には決めていました。

きっかけは高校の時に経験した友人の死です。あまりにも突然の出来事で、何もできなかった自分を責めました。生前に出来なかったことに多くの後悔もしました。

そんな出来事があり、大学では心理学、グリーフケアを学びました。ただ、勉強で知識はついてもまだまだ消えない自分自身の気持ち、それをもっと理解し、そして解決もしたいという気持ちが強かったのです。

多くのお葬式に携わる中で、グリーフケアのことがより理解できるようになりました。

供養とは「忘れないこと」

それと同時に大切なことが「死を受け入れること」

にあるのだと。思い出すその時間があることは悪いことではなく、むしろ大切であることの証。ただし、後悔があってはいけない。事実をしっかりと受け入れる。そんな学びを得て、自分自身もとても心が軽くなりました。今はディレクターとして納棺のお手伝いもさせていただきます。その中で私が意識していることが

思いっきり悲しむことのできる空気

を作る事です。私が学んだ「死を受け入れる」ことには、悲しみきること、感情をしっかりと出すことが大切だといいます。私がお手伝いさせていただいたお客様が、良い供養をして差し上げらえれるように、もっと勉強をしていきたいと思います。

最近うれしいことがありました。就職先として葬儀社を選んだことに少し反対だった両親。祖父が亡くなった際のお葬式はみつわに依頼してくれました。私もディレクターとして式をサポートしました。

私の仕事や想いが伝わったのかな・・・・

株式会社みつわ 荻原 俊久

お問い合わせはこちら(求職者様)

CONTACT お問い合わせ

Mission Company Story~エンディングビジネス~は、
葬祭業界(エンディング業界)特化型の経営者インタビュー・転職ブラットフォーム。
エンディング企業の経営者の「想い」と、その「想い」に共感する人と出会えます。
また、葬祭業界(エンディング業界)のさらなる発展のための情報を発信しています。