Interview with Emplpyees従業員インタビュー

「ありがとう」を伝えたい

  • Facebook
  • Twitter

長野

2021.06.30

仲間

「ありがとう」を伝えたい

私は松本で生まれ育ってきました。この仕事に携わるようになり、この地域の風習でもある灰寄せという言葉も知らないでお手伝いをしていた頃がとても懐かしいです。

配膳パートでみつわに入社し、事務所の仕事を覚え、法事の担当や司会業務をやるようになり、気づいたら第一線で働くようになっていました。目の前の仕事を必死でこなす毎日でしたが、ある時離職者が少し重なり、仕事量が大幅に増えた時がありました。もちろん私たち都合で仕事をお断りすることもできましたが、そんなことはせず、みつわチーム一体となってその危機を乗り越えることができた。

言葉にするとかっこいいんですが、ただ当時はもうやるしかなかった状況。きれいに役割分担もできていましたね。それでとにかく必死。その時期共に頑張った仲間は、今でも頼りになる最高のパートナーです。そんな仲間とともに作り上げるお葬式で、私が一番大切にしているのが「家族と過ごす時間」を中心にしたお葬式です。

それは私の原体験でもあります。葬家の立場として参列した身内のお葬式。私はすぐに病院についたときに感情のままに涙してしまいました。でもそれがよかったんだと後で気づきます。お葬式は本当にあわただしい。打ち合わせも数多くある、いろんな方の来客がある、その対応に追われると悲しむ時間が全然ない。全てが終わった時に、親戚の一人が口にした言葉がとても心に残っています。

「いつ泣けばいいのか分からなかった・・・」

お葬式は一体だれのためにやるものなのか、本当に考えるきっかけとなりました。そんな経験があったからこそ、家族との時間をどうやって作る事が出来るのかをみんなで考えるようになりました。

みつわが大切にする考えの一つに、

地域で一番「ありがとう」と言われる会社を目指そう

というものがあります。その言葉が私はとても好きなのですが、私の場合、自分自身が一番「ありがとう」と言っているかもしれません。みつわを選んでくれたこと、足を運んでくれたこと、声をかけてくれたこと、その一つ一つが本当にうれしいんですね。

誰よりもありがとうを伝えて、ありがとうがあふれる、そんな会社にしたいですね。

株式会社みつわ 篠原 幸愛

お問い合わせはこちら(求職者様)

CONTACT お問い合わせ

Mission Company Story~エンディングビジネス~は、
葬祭業界(エンディング業界)特化型の経営者インタビュー・転職ブラットフォーム。
エンディング企業の経営者の「想い」と、その「想い」に共感する人と出会えます。
また、葬祭業界(エンディング業界)のさらなる発展のための情報を発信しています。